芝刈りや間伐、剪定を定期的に御者に行なってもらう

芝刈りにはルールがある~別荘の芝生を手入れしよう~

芝刈り作業をしなくても除草剤で簡単手入れ

自分で間伐や剪定をする時はリスクが付きまといます。予期せぬケガや、思い通り作業をこなすことができなかったなど問題が発生します。トラブルを完全に回避するためにも、専門業者に任せましょう。

除草剤とは

散布作業

除草剤は農薬の一種で、雑草を防除するものです。農作物を育てていると、どうしても雑草が生えてきてしまいます。しかし、除草剤を使用することで、その雑草だけに強い効果を発揮します。植物を殺すことが目的で作られているので、動物を殺すような作用などはありません。

芝刈りがいらない除草剤の安全な使い方

直接肌に触れないように防備してから行ないましょう(30代/男性)

除草剤を安全に使うためにまずは、手袋やマスク、長袖を用意しましょう。除草剤で人はそう簡単に死に至ることはありませんが、多少は健康被害を受けます。そのため、マスクや手袋で健康を守るようにする必要があります。完全防備してから別荘にある芝生の芝刈りをして、雑草も除草剤で除草しましょう。

業者では剪定や間伐を定期的に行なっている

間伐や剪定を行なう際に、毎回業者に依頼するのは少し面倒に思えます。ですから業者が提供している、定期サービスを利用して間伐や剪定、芝刈りを行なってもらいましょう。

定期的にスタッフが別荘に訪問しに来る

別荘を長らく放ったらかしにしても、年に7回程の定期管理を行なってくれるサービスがあります。このサービスによって別荘周辺の病害虫対策や、樹木が健康に成長していくような手入れをしてくれます。また、肥料を撒くことによって、樹木や芝生の成長を促進させることができるのです。しかし、庭にある芝生が伸びすぎると、害虫が発生しやすくなります。その際は専門のスタッフが、害虫を早期発見し早い段階で害虫を退治してくれるでしょう。持ち主が、定期管理サービスを受けると、長い期間別荘を訪れなかったとしても、別荘周辺は綺麗な状態が維持されています。

TOPボタン