別荘周りの草木の手入れを行なわないといけない理由

別荘の周りに木が多く生えていると、様々な悪影響をもたらします。周辺環境を良くするためにも間伐や剪定、芝刈りは行なう必要があります。芝刈りは道具さえあれば簡単にできるものなので、できるだけ行なうようにするなど心がけてみましょう。

剪定をしないといけない理由

剪定が必要な理由は木が健康的に育つようにできることや、周辺の環境を良くすることができることが挙げられます。木は剪定をしないと、徐々に弱っていきます。どのように弱っていくかといいますと、まず木が細くなり、地面に伸びる根っこが浅くなります。周辺環境については庭木に、枝が多いと日光を妨げてしまうことがあります。そうなると日光が十分に庭へ届かずガーデニングを行ないにくい環境になってしまうのです。見た目も悪くなるのも、剪定をしなければいけない一つの理由となります。

草が伸びすぎると害虫が発生することも…

芝生はずっと放置していると、どんどん成長していき最終的には雑草のようになります。ですから定期的に芝刈りは行なった方が良いでしょう。芝生が伸びると、害虫が発生することもあるので伸ばしっぱなしで放置しないようにしましょう。定期的に芝刈りをすることによって、害虫の発生を防ぐことができます。また芝生は刈れば刈るほど、綺麗な見た目になっていく傾向があるので、芝刈りはする必要があるといえるでしょう。

間伐しないとどうなるの?

別荘周りの木が伸びきってしまい、外観がどんよりして見えますが特に支障はありませんが、間伐しないとどうなってしまいますか?
外観を損なうだけではなく、間伐しなければあらゆる問題が起きます。もし間伐が遅れると風邪や雪に対して弱い木が増えてしまいます。多くの木が立派に成長することができずに、細く弱々しい木になるのです。また木が密集して過ぎて、光が入らないことで下草が生えなくなります。下草が生えないと、雨が降った時に土砂が流されやすくなり、地面が侵食されてしまいます。
TOPボタン