芝刈りで役立つ機械〜間伐や剪定作業でケガをするリスク〜

芝刈りにはルールがある~別荘の芝生を手入れしよう~

芝刈り機には種類がある

仕事で忙しいと、なかなか別荘に行く機会も得られません。時間が空いた時は、一度別荘の状態を確認してみましょう。手入れしていない状態であれば、木や草が伸び放題になっています。自分で手入れする時間もない場合は、業者に依頼して芝刈り、間伐、剪定などの手入れをしてもらいましょう。 ""

小回りが利く芝刈り機

芝生バリカンや芝生バサミなどがあります。これらの芝刈り機は、壁際の芝を刈る時にとても使えます。軽く芝刈りをする場合や、芝刈り機が入れないような狭い場所の作業に重宝します。利用する時は、場所に合わせて使いましょう。

芝刈りにはルールがある

芝刈りをする時には守るべきルールがあります。それは3分の1法というものです。これは一度に刈ることができる芝生の長さに対する限度を表しています。芝生を全体の3分の1以下まで刈らないように気をつけましょう。

自分で間伐すると考えられるトラブル

手入れの一環として、庭の芝刈りを行なう人も多くいます。また別荘を持っている一であれば、近くにある木を剪定しようとすることや、伐採、間伐をしようと考えます。自分で手入れをすることは大切です。しかしあらゆるリスクを避けるためにも、業者に任せた方がよいでしょう。 ""

TOPボタン