芝刈りで役立つ機械~間伐や剪定作業でケガをするリスク~

芝刈りにはルールがある~別荘の芝生を手入れしよう~

別荘敷地内の木や草の手入れを行なおう

機械

仕事で忙しいと、なかなか別荘に行く機会も得られません。時間が空いた時は、一度別荘の状態を確認してみましょう。手入れしていない状態であれば、木や草が伸び放題になっています。自分で手入れする時間もない場合は、業者に依頼して芝刈り、間伐、剪定などの手入れをしてもらいましょう。

芝刈り機には種類がある

手押し式リール芝刈り機
大きな芝刈り機では、どうしても芝を刈りにくい狭い場所での作業が大変になってしまいます。狭い場所では手押し式リール芝刈り機が活躍します。サイズが小さいため狭い場所でも芝刈り作業ができるのです。広い場所には不向きなので使う場所は選びましょう。
自走式の芝刈り機
自走式芝刈り機のサイズは、手押し芝刈り機よりも大きいです。刃はエンジンの力によって回ります。刃は高速回転しているため、扱いには気を使わなければいけません。またこの自走式の芝刈り機は子供が使用すると危険なので、子供には使わせないようにしてください。
乗用式の芝刈り機
広い敷地を有している場合は、この乗用型芝刈り機を使いましょう。乗用型芝刈り機は、芝を一回で大量に刈ることができます。広い敷地の芝を刈る場合は、この乗用型芝刈り機を使った方が、効率よく芝刈りをすることができるのでおすすめです。

小回りが利く芝刈り機

芝生バリカンや芝生バサミなどがあります。これらの芝刈り機は、壁際の芝を刈る時にとても使えます。軽く芝刈りをする場合や、芝刈り機が入れないような狭い場所の作業に重宝します。利用する時は、場所に合わせて使いましょう。

芝刈りにはルールがある

芝刈りをする時には守るべきルールがあります。それは3分の1法というものです。これは一度に刈ることができる芝生の長さに対する限度を表しています。芝生を全体の3分の1以下まで刈らないように気をつけましょう。

木の間伐や剪定を行なうなら業者に任せた方がいい

長方形

手入れの一環として、庭の芝刈りを行なう人も多くいます。また別荘を持っている一であれば、近くにある木を剪定しようとすることや、伐採、間伐をしようと考えます。自分で手入れをすることは大切です。しかしあらゆるリスクを避けるためにも、業者に任せた方がよいでしょう。

自分で間伐すると考えられるトラブル

高さのある木を間伐した場合
高い木を伐採する場合には、気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。高い木は、当然ですが長さがあります。木を伐採した時に、電線や人の家に倒れることがあるのです。また道路に向けて倒したのであれば、通行人に被害が出ることもあります。
機械を使用して間伐した場合
大きな木を倒そうとするとチェーンソーが必要となります。簡単に間伐できそうな細い木の場合は、ノコギリを使用しますが、太い木を間伐する際にはチェーンソーを使用します。チェーンソーは機械なので、ノコギリよりも大きな力で木を間伐することができます。しかし、きちんと安全に操作しないと、周りの作業員や自分を傷つけてしまう可能性があります。また、誤った操作をしたことで、命を落としてしまうケースもあるので十分に注意して使用するようにしてください。
斜面に生えた木を間伐した場合
斜面での作業は困難を極めます。斜面の低い方に木を切り倒すのであれば、重たい木が勢いよく倒れるので危険です。また斜面の高い方に倒すと、木が滑り落ちていくこともあるでしょう。重たい物質が一度スピードに乗ってしまうと、簡単に止めることはできないです。下手をしたらケガ人が出ることでしょう。

自分で剪定するのは危険

別荘に生い茂った木の部分を、自分で剪定しようと思っています。業者に任せた方がいいですか?
業者に任せた方が良いです。剪定を行なう時は落下する危険があります。高いところから落下するとケガをしてしまうので危険です。ケガのリスク以外にも、知識がない人が行なうと見た目が余計に悪くなることもあります。剪定は見た目を良くする他にも、健康を促進させる効果もあるのです。そのため、業者に依頼してきちんと剪定してもらいましょう。
TOPボタン